今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

【太る人の因果パート2】

斎藤一人さんのお教え【太る人の因果パート2】をシェアさせていただきます

-------------------------------------------------

あのね、食べ過ぎちゃう人って心が満たされてないんだよ。

自分をどこかで責めてるの。

それで体をいじめようとするの。

だからいつも食べ過ぎちゃったり、特に食べたくなくても、口に食べ物を放り込んでいるのは自分の体をいじめているのと同じなんだよ。


「人を憎むと肉になって返ってくるんだよ」という話の続きです。


子供の頃に持った心の傷や、恥ずかしいこととか思う気持ちに気づかないまま、大人になっている人がいるのです。


例えば、

●こんな貧乏な家に生まれてきて自分が恥ずかしい!
●こんな親は嫌い(親との確執)
●本当の自分を見せたくない(劣等感)
●勉強でバカにされた!など

そのことを無意識に恐れていて親を責めたり、自分を責めていることがあります。


子どもの頃の体験した、恐れイコール罪悪感をもったまま大人になると、自分を責めたり、人を責めたり、嫌ったり、許せなかったりするようになるんです。


これは、潜在意識に残っている罪悪感なんです。


責めると罪悪感はイコール。


これが一人さんの言う(恐れの罪悪感)です。


恐れという罪悪感をもっている人は、その事実を言われたくないから威張ってみたり、虚勢を張ってみたりして、態度でごまかす場合があります。


太っている人の中には、その潜在意識が太って容姿でごまかそうとすることにつながるのです。
(インナーチャイルド)

●太っている以外の事はもう何もいわれたくない!
●太っている以外の事は、昔の嫌なことは何も言われないだろう・・・
その罪悪感を逃れるために、因果として残り、醜いが肉となって返ってくるのです。


◆ダイエットと心は関係しているから、その恐れ、罪悪感、責めの因果を手放してあげないといけないのです。


では、どうすればいいか?


0歳の〇〇を許します。

1歳の〇〇を許します。

2歳の〇〇許します。


どんどん年を進めていってください。

        •
        •
        •
        •
        •


(〇〇はその年齢時に言われていた自分の名前で言ってください)


言葉に引っかかる年齢になったら、

〇〇を許します。

〇〇もっと許します。

自分にがんばったね。

偉かったね。

子どもの時の自分を認めて許す!


「自分を許す!」と言えた時からあなたの波動が変わります(*^_^*)

この時の、責め、恐れ、罪悪感の因果が消えて、気持ちが穏やかになるのです。


そしてあなたの人生が変わります。


身体も心も綺麗になるのです。


※今日の話はダイエットを例にしましたが、自分を認めて、もっと許す!ということは、人間関係、お金、病気で悩んでいる方にも共通しますよ。

【バランスの良い食事と考えが強運体質をつくる】

斎藤一人さんのお教え

【バランスの良い食事と考えが強運体質をつくる】

シェアさせていただきます

-------------------------------------------------

毎日食べている食事も、運に関係があるそうです。

 

「人間の体は食べたもので作られているんだから。
健康だと、脳も健康だからいいことを考えられるけど、栄養が不足すると、考えることも「不幸だ」「不運だ」「ついてない」とマイナス思考になりがちなんだよ。

 

特にお肉を食べるといいよ。
お肉が足りないと、どうなると思う?
草食動物みたいに臆病になるんだよ。
草食動物はとっても臆病で、いつもビクビクしているの。
人間が捕まえようとしただけでショック死することだってあるんだよ。

人間もお肉が不足すると気持ちがビクビクしちゃって、不安の方が大きくなってしまうんだ。

だからと行って、肉ばっかり食べていてはダメだよ。
お肉しか食べない、野菜しか食べないとか、偏りすぎてはダメなんだ。
バランスが大切なの。

食事ってある意味 体のバランスをとるための最高の薬なんだよ。

だからバランスの良い食事を摂っていると、その人のパワーが強くなるから、当然 強運になるよ。

でもね、食事に凝りすぎてはダメだよ。
ある程度おおざっぱでないと。

だって人の体は勝手にバランスをとるようにできているんだから。

食事に凝りすぎて無農薬でなければダメとか、1日何種類の食材を食べなければいけないとか、細かい事を言い出すともう病気なの。
神経がやられちゃっているんだ。

気にしすぎること自体が病気なんだ。

不思議と、元気な人は塩をいっぱいかけて焼き鳥を食べたり、焼酎をガブガブ飲んだりと、体に悪そうなことをする。

逆に体にいいと言われるものを全部やっている人は、大概病気なの。
現実よりも理屈を鵜呑みにしているからなんだ。

難病というのは、お医者さんでも治せないくらい、難しい病気という意味なんだよ。

それなのに何年も病院に通っていますって、 それっておかしいよね。

そういう難病の人は他のことをやればいいんだよ。
食事療法をするとか、お灸をするとか、温泉にいくとか。

「私はいろんなことをやりました」っていうけど、そういう人に限って「いいサプリメントがあるよ」と言っても「そういうの苦手で」とか言うんだ。

病気が治らない人には治らない宿命がある。

それなのに治らない人ほど、いいことを教えてあげても治ることは絶対にやらないんだよ。

そして、治らないことを何年もやり続ける。

病気が治らないのは、病気から学ぶことがあるんだよ。

いいかい。

人間の体は <肉体と魂> の2つしかないんだよ。
ということは、肉体の病気は食べ物の間違いから起きる。

それが食べ物を変えたのに、病気が治らないんだとすると、それは魂の考え方の間違いで起きてるの。

魂の考え方の間違いは「三毒」と言われる
●貪(どん)
●瞋(じん)
●癡(ち)
の、どれかに間違いがあるということなんだよ。


●貪(どん)とは、むさぼるような欲のことで、つまり欲張りすぎている。
これを浄化するのは奉仕の行いなの。

●瞋(じん)とは、激しい怒りのことで、必要以上に怒ったり、イライラしていること。
これは、許すという心で浄化されるんだ。

●癡(ち)とは、嫉妬やグチ、悪口、地獄言葉のこと。
それは天国言葉によって浄化されるんだよ。

生活の偏りや、考え方の間違い、食生活の間違いなのに、薬だけに頼って治そうということ自体ムリなんだよ。
間違っていることをやめない限り治らないの。

教えてあげてもね、いいこと聞いてもやろうとしない考え方に問題があるんだよ。

間違いが続けば続くほど、当然、この人に苦しみが続くようになってるの。
そのうちに、ワラをもすがる思いで苦しくなっていく。
やがて悩みも限界に達すると一瞬にして人の心は変わるんだ。

その時に初めて聞く耳を持ち、行動するんだ。
だから悩んでいるんじゃないの。

悩んでも行動しないのは、悩みが足りないんだよ。

心の悩みでも、アドバイスしても絶対にやろうとしない人はまだ、実は苦しんでいるふりをしているだけなの。
本当に苦しいと、人はどうにかしようとするものなの。

神様はそんな風に苦しんでいる人間を見て、優しく微笑んでいるよ。
なぜ微笑んでいるかっていうと、まだ、気づくのに、苦しみが足りないんだなと思って見守っているの。

だから、神様はその人間が本当は苦しんでいるとは思っていない、学んでいるんだと思っているの。

すべては、「間違っているから、早く気づきなさい。」っていう神様の愛なんだよ。

【ずぶとくいこう負けたらだめだよ】

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます


【ずぶとくいこう負けたらだめだよ】


図太く行くと、大概のことは負けないもんです。

なぜなら「図太い奴」は負けたことに気づかないからです。

そうすると周りの方がいやになって、「図太い奴」が勝ったような格好になってしまうからです。

だから図太いおばさんは強いのです。

あなたは、図太い神経と優しい笑顔を持っているから、誰からも好かれます。だから絶対に安心ですよ。


ひとり

【今日一日人に優しく自分に優しくでいこう

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます


【今日一日人に優しく自分に優しくでいこう】


よく、「人に優しく自分に厳しく」と言う人がいます。

ただ、実際は、そういうことをしている人に、残念ながら一度もあったことがありません。

「自分に厳しい人」は、人には倍くらい厳しいものです。

やっぱり一番良いのは、人に優しく自分にも優しくですよね。

そういう人の周りには、いつも優しい波動が漂っています。


ひとり

【いつも笑顔でいるあなたに悪いことは絶対に起きない】

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます


【いつも笑顔でいるあなたに悪いことは絶対に起きない】


笑顔は幸せ行きのパスポート。

だから笑顔の人は不幸せな方には行けないようになっているんです。


逆にしかめっ面している人は、不幸行きのパスポートを持っているから、どんなことをしても幸せにはなれないんですよ。


でもあなたは大丈夫ですよ。
その笑顔なら最高に幸せなところにいけますよ。


ひとり

柴村恵美子さんのご著書、【斎藤一人  天と繋がる「思考が現実になる法則」】より。

柴村恵美子さんのご著書、【斎藤一人  天と繋がる「思考が現実になる法則」】より。

-------------------------------------------------

不安が消えない時や心配が絶えない時は、「大丈夫」「全てはうまくいっている」とつぶやいてみましよう。

そうすると心に「安心バリア」が張られて、不安や恐れを寄せ付けなくなります。

顕在意識は、自分でもコントロールすることができます。
具体的には、使う言葉を変え、さらにイメージを広げることで顕在意識を自分の望む方向に誘導してあげるのです。

これに対して、潜在意識は、自分でコントロールすることはできません。

思考とは顕在意識と潜在意識が合わさったものであり、お互いに影響しあって1つの思考を生みます。

だから、いくら言葉やイメージで顕在意識をコントロールしても、潜在意識からくる情報をそのまま受けていると、この情報に左右されて、結果的に顕在意識もコントロールできなくなります。

ではどうすればいいのでしょうか?

潜在意識から上がって来た情報を、上手に扱えばいいのです。

不安や心配が消えない時は、心に安心のバリアを張ろう。

まず、潜在意識から来た情報が良い情報なら、それを掴み取ってください。
掴み取るとは、そこにエネルギーを注ぐことであり、具体的にいうと、そのことに情熱を注いだり、具体的な行動に移すということです。

「良い情報」かどうかの判断は、そのことを知ってワクワクするか楽しいか、嬉しいかといった基準で判断します。

逆にそのことで暗い気持ちになったり、不安になったりするのなら、それは、悪い情報です。

そんな時はまず、このことが実際におこることかどうかを考えます。

そしてその不安や心配に対処できることがあれば実行します。

それでも、その不安や心配が消えないのであれば、そこに「安心のエネルギー」を注いでください。

具体的には「そんなことはない」「大丈夫」「すべてはうまくいっている」といった言葉をつぶやくのです。

そうすれば、心に安心のバリアが張られて、不必要な不安や恐れを寄せ付けなくなります。

絶対にやってはいけないのは、その不安や心配や恐れにつながる情報を掴み取ってしまうことです。

思いにエネルギーを注いでしまうと現実化します。

だからそれが良いことならいいのですが、悪いことも同じように現実化してしまうのです。

例えば不安な気持ちが湧き上がって来た時に、それを掴んで「どうしよう」とか、さらに不安や心配に、恐れにつながることを考え出すと、そこにエネルギーをかけることになります。

すると、その不安や心配、恐れのエネルギーが増大し、同じ種類のエネルギーを持つ現実を引き寄せるので、結果にあなたの悪い思考の方が現実化してしまうのです。

【嫌な人とどうつきあうか?】

斎藤一人さんのお教え
【嫌な人とどうつきあうか?】
シェアさせていただきます

-------------------------------------------------

嫌な人から好かれたらおかしな人間になってしまう。

 

だっておまわりさんが泥棒から好かれたらおかしいでしょう?

 

嫌な人から好かれると、その人も嫌な人になります。

 

そうして嫌な人間と付き合っているから嫌な人生になってしまう。

 

嫌な人は稀にしかいません。

 

その稀とわざわざ付き合うことはありません。

ほとんどの人は普通か、いい人なんだからそっちと付き合えばいいんです。

 

「この人、嫌だなあ〜」と思ったら、はっきりと顔または声に出して、「NO!」と言っていいんです。

 

「NOといったら、相手の人を傷つけるから」なんていう人がいますが、傷ついているのは相手ではありません。

 

「NO」と言えないあなたです。

 

だいたい黒いものを黒と言うだけなのに、なぜそんなに、傷つくんでしょう?

 

我慢しても何にもいいことはありません。

「我慢は美徳」などと言いますが、我慢からは「うらみ」しか生まれないんです。


ある人から、「一人さんはどうして神様からこんなに味方されるんでしょう?」と聞かれました。

 

自分でも「どうしてかな?」と考えたんですが、それは、神様が喜ぶようなことをしているからだと思います。

 

では、神様が喜ぶことって何かなと思ったときに、色々思いつきましたが、嫌な人に「嫌」と言うこともその1つだと気付いたんです。

 

人にNOというのは、冷たい人間に思えます。

 

でも嫌な人に嫌な顔をせずに親切にしても、その人の嫌なところは直りっこない。

 

嫌な人は嫌な人です。

 

そういう人は自分でも苦労して、嫌なところを直せばいいんです。

 

逆説的に言い方をすると、嫌な人に「嫌な奴」として接するあなたの気持ちを大切にすることが、相手のためにもなるですね。

 

よく、「どんな人にもいいところがある」という言い方をします。

 

それは確かです。

 

嫌な人にも探せばいいところがある。

でもそれを探すのは、あなたの役目ではありません。

 

なぜわざわざあなたがそんなことをしてあげなきゃいけないのか(笑)。

 

あなたの周りには、いい人がたくさんいるんですよ。

 

あなたはその人たちと仲良く、楽しくしていればいいのです。

 

なぜあなたが犠牲を払ってまで嫌な人のために、嫌な思いをしながら、その人のいいところを探さなきゃいけないんでしょう?

 

嫌な人間にもある「いいところ」を探すのは、嫌な人間自身に任せておけばいい。

 

嫌な人は、人に嫌われ「NO」と言われて、初めて自分で「これじゃいけない」と悟るんです。

 

嫌な人には「NO」といってあげるのことが、その人に対する愛なんですよね。

 

それが相手の幸せを考えることなんです。

 

そして本当の愛で相手の幸せを考えられる人に、神様は味方してくれる。

 

そういうことじゃないでしょうか。