今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

今、困っているあなたがこの状況から抜け出せる唯一の方法を教えます!

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

-------------------------------------------------

今あなたは「この状況から早く抜け出したい‼️」と思っていますか?


「誰かに助けてもらいたい!」と思っていますか?


そういう時って苦しいですよね?


「早くこの状況から抜け出したい」って思いますよね?


すっごくわかります!


私もそういう状況の時、何度もありました\(//∇//)\


でもそんな時、ついやってしまいがちなのが外側を変えようとすること。


「でもねそれってちょっとまって✋‼︎」


誰かに助けてもらわないと私は不幸です。ってことなんです。

 

「幸せになりたい」と言うのは「私は不幸せです」と言ってるようなものなのです。

 

そんなあなたから出ているのは、不幸の波動なんです。


だからこのままでは、残念ながら同じような不幸の波動を出している人を引き寄せるか、不幸な出来事をまた引き寄せてしまうのですよ。


その問題を解決するには、良い方法がひとつだけあるんですよ。


それはねなんだと思いますか?

 

それはね、「あなたが誰かの役に立ちたい」


「人を助けたい」と思うことなんです!


「自分が大変な時、誰かの役に立ちたいとか、助けたいとか思えない」と思うかもしれませんよね?


でもね、こんな時こそ冷静になってみてね。


宇宙にはね法則があってね、あなたが「誰かの役に立ちたい」とか「人を助けたい」と思い始めると、あなたの放つ波動が豊かになりますよね?


すると不思議だけど同じように「誰かを助けたい」と思う豊かな波動の人を引き寄せたり、引き寄せる現実が変わったりするのです。


でももしね、今すぐに「誰かの役に立ちたい」とか


「人を助けたい」と思えないのだとしたら自分を責めないでね。


「もっと自分を許します」をたくさん言って


まず「そんな自分を許します。」をたくさん言ってみて!


そしてまずは今の自分の幸せなことを数えてみてくださいね!


たとえば「ご飯が食べれて幸せ」とか


「テレビが見れて幸せ」とか


「朝、目が覚めて幸せ」とか


数え出せばいくらでもあるはずですよね?


この世の中には、その日の食事に困っている人も、住む家がない人も、そして生きたくても生きられない人もたくさんいるんです。


あなたが今の自分の幸せを数え出した時、あなたの波動は変わるんです!


すると引き寄せることが変わり起こる出来事がかわるのです!


そうして初めて、今の状況を変えることができるのです!


だから焦って外側を変えようとするのではなく、あなたの中ですよ。


焦ってる時ほど、足元をしっかりみて、一歩ずつ確実に行こうよ。


あなたの外に引き寄せてることは全てあなたの♡ハートあなたの思いと同質のモノなのです。


今日一日、

誰かに何かもらおう、
してもらおう、
教えてもらおう、
助けてもらおう、
とうばう波動の人よりも、


今日一日、

誰かに何か与えよう、
させてもらおう、
教えてあげよう、
助けてあげよう、
話を聞いてあげよう、
エネルギーを送ってあげよう、
褒めてあげよう、
自己重要感を満たしてあげよう、
誘ってあげよう、
もてなしてあげよう、
許してあげよう、
分けてあげよう、
笑顔で答えようと思っている人の方がより多くのものを引き寄せ、宇宙からのサポートがいただけるのです💫

これは誤解しないでくださいね。
人に困った時に教えてもらったり、手伝ってもらうことが悪いと言っているのではありません。

ただ、神様は人にしてあげたことが多い人に幸福を与え、また、人からしてもらいすぎた人は運が落ちていくといわれているのです。

強気健康法

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

-------------------------------------------------


人間の体には元気という気があるんです。


その気が弱まった時に病気になるんです。


この元気というのが強い気が流れていればいいんです。

 

これを「強気」というんです。


この強気が流れていれば元気なんです。


ただし、栄養はとらなきなゃだめだよ。


人間の体に必要なのは栄養と強気なんです。


強い気が流れていればいいんです。


腰が痛いって人がいるよね?


形の異常だったら毎日痛いよね?


「今日は調子いいのよ。」


「今日は調子わるいのよ。」っておかしくない?


痛くない人を調べても骨に異常がでてるの。


脳には潜在意識と顕在意識ごあるんだけど、ちっちゃい頃の記憶がね、親に可愛がられなかったとか、そういうのが大人になってもでてくるの。


でてきたらどうなるかというと、今更 親を恨んじゃわいけないとか思おうとすればするほど、そのストレスをどこかで抑えつけちゃうの。


押さえつけるのに最大にいい方法は一個だけなの。


それが昔、胃潰瘍で出てきてたの。


最近 胃潰瘍がほとんどなくなってきたの。


胃潰瘍は、神経だってことがバレちゃったの。


胃潰瘍じゃなくて他に痛みを出せばいいの。


人間がそのことを考えなくていいような、一番簡単な方法は痛みなんだよ。


痛みが出たらそっちの方へ脳は神経いっちゃうから、考えなくて済むんだよ。


自分に対してストレスを考えるんだったら、痛みで消しちゃいたいんだよ。


気持ちが痛みに逃れようとした時に、その場所の血液から酸素が減ってくるんだよ。


自分の圧を上げていかないとだめなの。


強気を上げていかないといけないの。


栄養を摂りながら、心も強気にしないとダメだよ。


強気健康法ってどうやるの?


「強気」「強気」「強気」「強気」っていってるだけなの。

 

強気になった時は弱気はきえてるの。


よく、ストレスをなくせばいいんですよね?


ストレスはなくならないよ。


自分が強くなっちゃえば、強くなったぶんだけ

ストレスを感じないんだよ。


要は強くなっちゃえばいいの。


ストレスのない世の中なんてないの。


自分が強くなっちゃえばストレスは消えちゃうの。


栄養をしっかりとって「強気」「強気」っていってればいいんだよ。

広告を非表示にする

「笑顔でいること、 愛のある言葉を話すことは みんな自分のため」

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

-------------------------------------------------

みんなのための笑顔ですか?


愛のある言葉は、誰の為ですか?


笑顔の人はみんなから好かれます。


愛のある言葉を話す人もみんなから好かれます。


ただ、生きて行く中で、たったこれだけのことができないで苦しんでいる人がたくさんいるのです。


あなたはその笑顔とその愛のある言葉を

一生発し続けてください。


神様がたくさんご褒美をくれますよ。

 

ひとり

「いい考えは明るさから生まれる」

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

-------------------------------------------------


暗い顔をして考えごとをして、「ひらめいた!」と言って騒いでいる人がいます。


ただ、暗い顔をして考えごとをしている人から出るアイデアは、暗いアイデアに決まっています。


なぜかと言うと、元が暗いからです。

 

考えごとをするときは、明るい顔をして考えごとをしてください。


明るさから生まれた考えは、きっとあなたを

明るい方に導いてくれますよ。

 


ひとり

無関心の罪

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

-------------------------------------------------

今日は斎藤一人さんの教えで、天国と地獄の地獄編です。


信じられない人は信じなくていいですよ。


ここにいるほとんどの人が地獄に行きます。


地獄とは寒くて暗くて臭いんです。


周りには誰もいません。


地獄に行かなくても良い方法が1つだけある。


知りたいですか?


この世では罪にならないけれどあの世では罪になるもの。


それは、無関心の罪。


なんでもかんでも関心を持てといってるんじゃないの。


例えば自分が読んでみて良かった本

聞いて良かった話

よかった事

自分が感激した事

自分が助かったって事


こういう時、下級の人は何も勧めない。


中級の人は、一人さんに良いって言われたからこれ読んでみる?と言う。
(裁判にかけられるがほとんどは地獄に行きます。)

 

上級の人は、どうやったら読んでくれるかを心と頭を使う。
気を配れる人が天国に行けるんだよ。


言い方とか角度とかを研究する。
友達が読むか読まないかじゃないの。
自分が勧めたかどうかなの。

「目が悪いから読めないのよ」と言われたら、「私が読んであげるよ」とか。


「忙しいから」と言われたら、「一行目と二行目だけよんでごらん」とか「絶対読んで」とか。


どうやったら読んでくれるか、心や頭を使うの。気を配るの。


犯罪は無関心だからできるの。


無関心とは自分の事以外は、関心がない事。


地獄に行った人を早く出してあげようとしてはいけないの。

地獄に神様が○年いなさいと言われたら○年いるの。


早く出してあげようとしてはいけないの。


そこにいれば良い。それが修行なの。


あっちでその人は勉強している。


自分たちが地獄に行かないことを考えるんだよ。


仏壇は拝んでもいいんだよ。


自分が出来ることは自分でやるの。


改めるところは改める。


人任せはだめだよ。

 

ひとり

 

広告を非表示にする

「いいことは分けてあげるみんな喜ぶから」

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

-------------------------------------------------

愚痴を言いたい時は、人に聞いてもらいたいと思います。


それなのに、良いことがあった時は、人にあげようとしない。


嫌なことがあった時は、しばらく経てば忘れてしまうのに、人に話したがる。


分けたがる。


そんなことより、良いことがった時に、

いっぱい いっぱい人に分けてあげよう。


ものもとあなたはそういう優しい人だもの‼️


ひとり

感謝を知らないで生きたら この世はひどい目に合うようにできてるの。

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

-------------------------------------------------

一点この世は感謝なの。


感謝を知らないで生きたら


この世はひどい目に合うようにできてるの。


人は必ず今世、自分が乗り越えられるものしか持って来ていないの。


あなたがね、何代も前の世にやった罪はすべて清算して償っていかないといけないんですか?っていったら、そうじゃないの。


あなたが、今世起きた問題に対して、「感謝」「感謝」って形でやってると魂のステージがあがってきちゃうの。


魂のステージがあがっちゃった人間に罰を与えたってしょうがないの。


反省をしてわかってる人間に神は罰を与えるようなことはないの。


まるかんではね、創業以来 挨拶は「感謝してます」っていうのにはこんなに深い意味があるんだよ。


あなたの感謝のなさを気づかせるために、起きた現象なのに「なんでだろう」「オレはなんて不幸なんだろう」「なんで私だけこうならなきゃいけないの?」「なんで私だけ?」この言葉は感謝がないの。


感謝すれば、魂のステージが上がってくる、そうするとまた次の問題が来る、一生涯にステージをあげることなんか何回もないの。


今まであなたは、このことを知らなかったよね。


それを無明の世界っていうの。


わからないの。


真っ暗なの。


どうしていいかわからないの。


でも今あなたはわかったよね?


「そうか、感謝すればいいんだね。」それを仏法でいう解脱(げだつ)したっていうの。


闇夜の世界から解脱したの。


あなたは解脱しました。


ステージが一個あがりました^_^


自分が上がったら一個なの。


それをみんなに話して10人があがったら、みんなは一個なの。


でも教えた私は10段上がるの。


この世に何しに来てるんですか?


自分の魂のステージをあげること。


人間は人の魂のステージが上がることを無常の喜びとするようにできているの。


お釈迦様でもキリストでも、あのくらい悟った人も実はいるの。


お釈迦様とキリストはみんなに教えたの。


だから神の位に上がっちゃったの。


いかに教えるかなの。


魂が成長しちゃうとあなたに今起きている問題ってなくなっちゃうようにできてるの。


問題はね、同じ次元だから起きるんだよ。


あなたの魂の次元が上がっちゃうと起きないんだよ。


殺したり、殺されたり、意地悪したり、仕返ししたり因果応報でやりっこしてるの。


だから相手が上がるのを待つより、あなたが先に上がっちゃえばいいんだよ。


必ず感謝の問題なの。


その前に、人は死んだらもう終わりだって思ってる人と、死後があるって思ってる人の違いだからね。


「死んだら終わり」って思ってる人は勉強しなさすぎ。


視野が狭いよ。


死んでも続くの。


オレたちの魂は死ねないの。


向こうへ行くと向こうでまた勉強があるの。


繰り返してるの。


そしてまたこっちへ戻って来るの。


恨みとか妬みとか教わらなくってもできるんだよ。


それよりも、「感謝してます」ってこの言葉!


なかなかできないんだよ。


だからうんと苦しみな。


悩み即菩提ってのはね、苦しくて苦しくてしょうがないから「なんか方法があったら、何でもやります。」っていうんだよ。


そこに教える人が出てくるんだよ。


世の中の仕組みってそうなんだ。


「感謝なんだ」ってことがわかった時、


仏陀の世界では覚醒した人のことを解脱した。と言うの。


この世は、なんのために生まれ、何をしたらいいの?


答えは一個なの。


起きた問題に対して、その問題を見るんじゃなくて、その問題を起こさなかった人たちにあなたは、感謝してますか?


あなたの隣の家の人で「ギャンギャン」行って来る人がいるっていうけれど、


こっちの隣の人は言わないよね?


あなた、その人には感謝してるんですか?


両方がああいう人だってこともあるんだよ。


前(向かいの家)の人は言わないよね?


じゃあその人に感謝しててみな?


そうすると、この問題は消えるの。


悪い人や、嫌な人、病気の部分が出て来るのはあなた

の感謝のなさを気付かせるために出て来てるんだよ。


真理を提供することをうちの会社の喜びとしているの。


ひとり