今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

人生がうまくいっている人は「神様に助けてもらうのが上手な人」

私が大好きな斎藤一人さんのお教えをシェアしていきます。

このブログをご覧になった方が、今よりもっともっと幸せになれますように願いを込めて。

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

 

----------------------------------------------

幸せになるために何より大事なことは、言っても聞いても楽しくなる言葉を使うこと。
この言葉を私たちは天国言葉と言っています。
その代表的なものが次の8つの言葉です。

斎藤一人さんの天国言葉

愛してます
ついてる
嬉しい
楽しい
感謝してます
幸せ
ありがとう
許します

これらの言葉を口癖にすると笑顔になり、人相まで良くなって幸せなことをたくさん引き寄せます。

また、斎藤一人さんのオススメの言葉

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)

お助けいただきましてありがとうございます

 

この言葉を10回×10セット唱えると
波動が上がり、素敵なことが起きます(^_-)-☆

-------------------------------------------------

今日は斎藤一人さんの教え
人生がうまくいっている人は「神様に助けてもらうのが上手な人」をシェアしていきます。

突然ですが、あなたは「神様から助けてもらっているなぁ」と感じたことはありますか?


人生がうまくいっている人や、何かで成功した人、嬉しい奇跡を体験した人は、「あぁ、私は神様に助けてもらっている!」と実感していることでしょう。


その反対に、なぜか人生がうまくいかない人や、お金や人間関係でトラブルが絶えない人、病気がなかなか治らない人は「私って神様に見放されているんじゃないかしら」と思っているのではないでしょうか?

最初に言っておきますが神様は、どんな人のことも、見放したりしません。神様はあなたのことを絶え間なく愛しています。

あなたの人生を心から応援し、ますます幸せになることをいつも願っているのです。


では、なぜ「私は助けてもらっている」と実感できる人と、「私は見捨てられているんじゃないのかしら」と疑ってしまう人がいるのでしょうか?

その違いは、あなたが「神様に助けてもらうのが上手かどうか」にかかっているのです。


神様は、どんな人にも惜しみなく「愛」や「豊かさ」を降り注いでいます。

「助けてもらうのが上手な人」は、それをたっぷりと受け取ることができます。


でも、「助けてもらうのが下手な人」は、神様の愛や豊かさを受け取ることができずに、ほとんど通過して流れてしまうのです。


たとえてみると、こんな感じでしょうか?

空から恵みの雨が降り注いできた時、スプーンを出せばその雨を受け取ることができます。

おたまを出せばもっと、多くの雨を受けとることができます。

一人さんの場合、いつも洗面器みたいな大きな器を出して、たっぷりと受け取っている感じでしょうか。


しかし、「助けてもらうのが下手な人」はたぶん出しているのが「ザル」のようなもの。

恵みの雨がザルを通過して、全部下に落ちてしまうのです。

これって凄くもったいないことですよね。


どんな人にも、平等に惜しみなく降り注いでいる恵みの雨なのに。

あなたが運勢をよくして、ますます幸せになりたいと思ったら神様から助けてもらうのが上手な人」になることです。


しかも、ものすごく簡単な方法でそうなれるのです。

一人さんがもう何年もやってきた「上手に助けてもらう方法」をシェアしますので、しっかり覚えてくださいね。

 

続きはまた明日。

--------------------------------------------

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

みなさまにすべての良きことが雪崩のごとく起きます。

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布