今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

架空のできごとを恐れているとそれを引き寄せてしまう

私が大好きな斎藤一人さんのお教えをシェアしていきます。

このブログをご覧になった方が、今よりもっともっと幸せになれますように願いを込めて。

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

 

----------------------------------------------

幸せになるために何より大事なことは、言っても聞いても楽しくなる言葉を使うこと。
この言葉を私たちは天国言葉と言っています。
その代表的なものが次の8つの言葉です。

斎藤一人さんの天国言葉

愛してます
ついてる
嬉しい
楽しい
感謝してます
幸せ
ありがとう
許します

これらの言葉を口癖にすると笑顔になり、人相まで良くなって幸せなことをたくさん引き寄せます。

また、斎藤一人さんのオススメの言葉

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)

お助けいただきましてありがとうございます

 

この言葉を10回×10セット唱えると
波動が上がり、素敵なことが起きます(^_-)-☆

-------------------------------------------------

今日は斎藤一人さんの教え
「架空の出来事を恐れているとそれを引き寄せてしまう」をシェアします。

人は誰でも恐れがあります。


特に人にはそれぞれ「自分は、こうなることがものすごくいやだ」というトラウマ的な恐れがあります。


一人さんもあります。


あなたは、そのトラウマ的な恐れを抱えながら、できるだけそれに近づかないようにして日々生きています。


あなたがトラウマ的な恐れをもつようになったのは、小さい頃に経験した恐怖から来ているのかもしれません。

もしくは、前世で経験した恐怖から来ているのかもしれません。

とにかく、人は誰でも「絶対にこうなったらいやだ」
「こうなることが恐くてたまらない」という「トラウマ的な恐れ」があるのです。


さて、ここでポイントなのですが、人は「こうなるのがいやだ」という思いが、強ければ強いほど、そのことを何度も考えるようになります。


心の中でちょこっと考えているうちはいいのですが、実は人の思いというものには、とんでもない仕組みがあるのです。


どういうことかと言うと、「あなたが頻繁に考えていることは、現実に起きてしまう」というルールがあるのです。


このルールは、良いこと、にも、悪いことにも作用します。

例えば「こうなったらいいなあ」と良いことを、何度も何度も考えていればそのうちにその思いにエンジンがかかります。


そして、実際にあなたの現実に良いことを引き寄せるのです。


その反対に「こうなったらいやだなあ」と悪いことを何度も考えていれば、そのうちにこの思いにもエンジンがかかってしまう。

すると、あなたが思っていることが現実になってしまうのです。


ですからトラウマ的な恐れは、できるだけ考えない方がいいのですが、これがなかなかできません。

トラウマ的な恐れに関することは、実際に起きたことが1だとしたら、100ぐらいの恐れに拡大して考えてしまうのです。


トラウマ的な恐れが心にうずいてきたらお守りの言霊
「天之御中主(あめのみなかぬし)さまお助けいただきましてありがとうございます」


このお守りの言霊は強烈な光の波動を放っているので、心の中にどんなに闇(不安や心配)が広がっても心の中に光が広がり闇は一瞬できえてしまうのです。


--------------------------------------------

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

みなさまにすべての良きことが雪崩のごとく起きます。

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布