今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

嫁姑問題【人間関係の悩み、答えは一つしかない!】斎藤一人さん

斎藤一人さんのお教えをシェアさせていただきます

 

今日は、【人間関係の悩み、答えは一つしかない】です。

---------------------------------------------------


斎藤一人 「人間関係の悩み、答えはひとつしかない !! その答えが常に正しい!」

 

一人さんの独り言のコーナーです。

 

常識は『上』じゃないんだっていう事ですね。

常識というのは『中』です。

上・中・下の『中』なんだ。

 

魅力というのがわからないから、

人に好かれるか、嫌われるか

よくわかんなくなっちゃう。

 

常識というのを、さも『上』だと思ってる人いるけど、

常識というのは『中』なんだ。

 

常識以上があるんですよ。

常識以下もあるんですよ。

わかりますよね?

 

あれは『中』なんだってことを覚えておかなければいけない。

で、その『上』のことを言ってる人が魅力があるんです。

『中』は普通です。

中程度で好かれようなんて無理。

常識がないのは嫌われますよ。

 

で、今からいう話はね、難しいです。

説明が難しいだけなんです。

何個か例を出しますから、そういうことなのかっていう事をわかってもらいたいんです。

人生ってのは、答えは一個しかないんです。

その答えが常に正しいんです。

これを常に答えれば神様が○をくれると。

人間関係ってのは全部そうなんです。

 

今ウチでこうやってテープ作ってるのはね、

意外と常識以上の話なんです。

それで、常識以上の話って何ですかって言うと、非常識なんです。

じゃあ非常識なんですか?って言うと、そうじゃないんです。

だから難しいんです。

 

この前ですね、こういう方が居たんです。

京都のパーティーに来た後ですね、

飛行機で帰ってエコノミー症候群ってのになって入院したんです。

 

入院しちゃってですね、集中治療室入って、

それの二~三日前かな、一週間ぐらい前かな、

胆石ができて食事ができないという事だったんです。

 

それで、何言いたいんですか?っていったときに、

実は旦那さんの親と合わないんです。

それで、食事会をすることになったんです。

その食事会が気が重くてね、具合が悪くなっちゃった。

わかります?

 

そこが問題なんだけど、

日本の言葉っていうのは言霊って言うんですよ。

言葉に魂がある。

 

人間、合わない人っているんですよ。

合わない人とは会わなきゃいいんです。

ところが必ず「そうはいかないんですよ。嫁の立場として」って。

 

でもあなた病気になったら会わないで済んだよね。

ってことは会わないことはできたんだよね。

 

これから親と会うたびに、

ずーっと病気になってるとすると、

本当に病気になって死ぬぞって。

 

人間っていうのは、特殊な能力があるんですよ。

人間って、「あの人の言葉には毒がある」って言うけど

本当に悪口言ってる時の言葉の中に、

息の中に毒が入ってるんですよ。

れをギューって圧縮すると、

一回でねずみ何匹死ぬとかってっていう

毒を吐けるんですよ。

 

人間の脳って三層構造成してるから、

一番最初、爬虫類の脳に動物の脳が加わって、

人間の脳が加わってる。

 

ということは、爬虫類を進化の過程で

やってきたことがあるんです。

 

当然毒蛇もやったことがあるし、

いろんなことをやったことがあるんだから、

その時の機能は体の中のどこかに残ってるんですよ。

わかりますか?

 

そうすると、それが相手に向けられずに自分に向いた時、

実は病気を作ることができるんですよ。

 

まさか自分が病気を作ってるなんて思わないけど、

そういうことがあり得るんだという話をしてるんですよ。

 

そうすると常識ってのは、

「お母さんなんだから。あなたの大切なお母さんでどうのこうの…」

って言うのが常識なんだよね。

 

私は、合わないやつと会うな会うなって言うんですよ。

これが常識の上なんですよ。

上常識ですね。特上です。

 

で、なぜ私のが特上だって自信をもって言えるかっていうと、

こちらの方が病気になるほど苦しんでるのに、

あんた会いに行きなさいって言うのは、愛情じゃないんです。

わかります?

 

人間、会いたくないやつに会わなくていいんだよ。

仮病使ったら会わなくて済んだんでしょ。

なんか上手い方法考えなよって。

 

「でも会いに行かなきゃいけないんです。」

それ常識だよね。

よーく考えてみな。

あんたの顔見たくないんだよ。

あんた親の事嫌いだろ?

相手もみんな嫌いなんだよ、あんたのこと。

 

人間ってのは、こっちが嫌ってたら

相手だって嫌いなんだよ。

本当はあんたの顔見たくないんだよ。

見たいのは息子の顔と孫の顔なんで、

あんた来なきゃサッパリしてるんだよ。

 

それと、行かないときはパスできるんだっていう心のゆとりがあるから、

要は絶対自分はパスできないんだって、

そういう観念が自分を追い詰めちゃう。

わかります?

 

そうじゃないんだって。

人間ってのはね、人の事嫌う、人のこと憎む、

いろんな形で自分が苦しむ、相手が苦しむ、良くないんです。

 

それより苦しまない方法を考えればいいんです。

 

親と会ったときに三回も四回も会って、

親と会って具合が悪くなるんだったら

会わないほうがいいんです。

 

新幹線が走ってきて線路の真ん中にいると、

間違いなくぶつかって死にますよ。

間違いないですこれ。

 

だけど、ちょっと避けると風しか来ないよね。

3mも離れりゃね、「あぁ最近の新幹線は…」くらいのゆとりがある。

それをまともにガーンと受けちゃう。

それを二度も三度もやることに、

学習能力がないんじゃないのって言いたいの。

 

それを縛ってるのは、あんたの常識だよね。

何を恐れてるんですか?

悪い嫁だと思われるんじゃないか。

非難されるんじゃないか

非難されるかって心配、

行っても行かなくてもあんたの悪口は言ってから。

心配ないって。

 

たまに出かけてったところで、

言われないと思ってるほうが大間違い。

行っても行かなくても言われる。

行かないほうが言われない。いないだけ。

 

必ずね、母親のほうは嫁の顔見て、頭相当むかついてる。

その事実をわからなきゃいけない。

それが常識の上なんだ。

 

だからアドバイスする時に、自分の言葉に愛があるか。

愛があって前向き。

前向きならば全部○なの。

さっき言ったように、

ちょっとわかりづらいですよってのは、

「あんなババァ、会いに行く必要ねぇよ」とかって

愛情のないことを言っちゃって、

会いに行かないと、下なんですよ。

 

あんたのため思ってみな。

仮病使って休んじゃいな。

パスすることができるんだ。

自分に行くか行かないかの主導権があるんだって思っただけで、

行くことだって辛くないんだよってなる。

おかあさんのこと大っ嫌いなんですよ。

嫌いなんだって。

嫌いってことはあるよね。

親が嫌いな人とかいっぱいあるんですよ。

嫌いな人なんか尊敬なんてできるわけがない。

 

それでも付き合ってかなきゃいけないんだったら、

感謝だけはできる。

感謝ってのがある。

「自分の大切な旦那さんを生んでくれた」とか。

「人前であぁいう態度とってちゃいけないな」とか

感謝っていろいろできるんですよ。

感謝の辺りから始めなきゃいけないよっていうことなんだよね。

 

-------------------------------------------------

このお教えも目からウロコでしたね。

ホント、常識に縛られて頭が凝り固まってる私なんですが、

斎藤一人さんのお教えによって、

少しずつ考え方に柔軟性がでてきました。

ありがたいです。

 

自分に、会いに行くか行かないかの主導権があるんだって

考えたこともなかったです。

ホント、もう目からウロコ!

そう考えると、本当。心にゆとりが生まれますね。

 

嫁姑問題に悩まれてる方、どうかこのお教えにたどり着けますように。

 

今日も素晴らしいお教えに触れられたことに感謝です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝してます。

あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きます。