今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

斎藤一人さん【自分にはできなくても脳にはできる。】

今日は斎藤一人さんのお教え
【自分にはできなくても脳にはできる。】をシェアさせていただきます

------------------------------------------------

スーパーコンピューターって何十億もするんだけど、それよりも私たちの脳の方がはるかに性能は上なんです。


それで、この脳を使いこなすためには、自分にとって正しいことを脳に入れないとダメなの。


たとえば私は中学を出てすぐに社会に出たんだけど、それを「得だ」「得だ」と言っているんです。


誰に向かって言うかというと、自分の脳にむかって言っているんです。


それで脳に「俺は中学出で、大学出の人より

7年早く社会にでているから、得なんだ、得なんだ!」って脳に言うと、脳は実際に得になることを考え出してくれるんです。


脳には一万円稼ぐのも100万円稼ぐことを考えるのも同じなの。


大事なのは自分がトクするように考えるかどうかなんだよ。

 


松下幸之助さんが「自分を成功させたのは3つのことしか考えられない」って言うんです。

 

1つ目は家が貧乏だったこと。

2つ目は学校へ行けなかったこと。

3つ目は病気だったこと。


松下さんは、家が貧しかったからお金持ちになろうとした。


学校へ行ってないから、本を読んで勉強した。


身体が弱いから、自分の代わりになってくれる人を育てようとしたんです。


この3つ全部、普通の人なら「だから、自分はダメなんだ」っていう理由にしてしまうことなんだよね。


だから、私たちは、自分が不利になることを脳に入れてはダメなんです。

どんなことでも自分に有利に考えるの。


たとえば学歴なら、松下幸之助さんは、小学校しか出てないから、俺の方が学歴では上だから出世するな」とか、自分の都合のいいように考えればいいんです。


それともう1つ「私にできないのはおかしい」と自分の脳に言うのです。


どのようにおかしいかという問題ではありません。

ただ、「おかしい」って言っていればいいの。


あとは脳が「どうすれば、おかしくないか」ということを、勝手に考えてくれるんです。

-------------------------------------------------

最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

今日も一人さんのお教えで、心軽やかな一日を過ごしましょう✨✊🏻