今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

斎藤一人さんのお教え【成功は神様がくれたチャンス! いばらず、うねぼれなければ一生続く】

今日は、斎藤一人さんのお教え【成功は神様がくれたチャンス!
いばらず、うねぼれなければ一生続く】をシェアさせていただきます
---------------------------------------------------
人気のラーメン店が潰れたというニュースを見て、
疑問に思いひとりさんにこんな質問をしてみました。

「ねぇ、ひとりさん。人気のラーメン店が潰れちゃったんだって!なんで成功が長続きしないんだろう?どんどん新しいお店がオープンするから、味で負けちゃうのかなあ?」


「いや、それは違うよ。あのね、味で負けたんじゃないの。
成功が続かないのは、偶然つかんだものだからなんだよ。
大金持ちが失敗するのも、法則通りにやっていないからなんだ。
だって法則通りにやっていれば、一生成功し続けられるんだよ。

わかりやすく言うよ。
あなたがラーメン屋で当たるとするよね。
そうすると喜ぶよね。ここまではOK?」

「OK」

「当たるとマスコミが取材に来る。
そうすると世間からすごい人だと思われる」

「確かに潰れちゃったラーメン屋の店主も。テレビの取材で凄い人って感じだったなあ。」

「そうすると、自分でも私はズゴイ人なんだと思う。
わかるかい?
最初はまともなことを言っているのに、そのうち必ず少し大きなことを言うようになる。

そこまでなら、まだいいんだ。
でもね、そのうちアドバルーンを揚げだすんだよ」

アドバルーン?」

アドバルーンというのはね、マスコミや世間が喜ぶようなことを言いだすの。
例えば「全国に何店舗出店します」「海外に進出します」とかね。

またマスコミだったり周りが、それを言わせるようなことを言うんだよ。

それに引っかかっちゃうのは、まだまだ自分の器量不足なの。
オレが納税日本一になった時はね、「来年は何をするんですか?」って取材に来た人が聞いてきたの。

だからこう答えたんだ。
「今、私は富士山の頂上に登ったから後は降りるだけです。
富士山に登りたいと思う人はいるけれど、住みたいと思う人はいないですから」って。」

「さすが一人さん!」

「周りに乗せられちゃダメなんだよ。」

例えば、オレが喫茶店で5人ぐらいを相手に話をして喜ばれていると、次はもうちゃょっと人数の集まる。
集会所のような場所を提供してくれる。

それを続けてがんばっていると、今の俺のように、2,000人が集まるような大きい場所で話してくださいって言われるようになる。

これを神様のくれたチャンスと言うんだ。

それは、小さいところでも一生懸命に話していたから機会を与えてくれたんで、このチャンスを自分の手柄にしてはダメなの。

それなのに勘違いして、自慢するようになって、オレもすごい人間になったと言うようになった時、神様はその人を見放すんだよ。

神様に見放されたら、あっという間に何もなくなるんだよ。

だから、いつもいばらず、うぬぼれず、神様から頂いたチャンスだと思って大切にするんだよ。」