今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

斎藤一人さんのお教え【神さまはあなたが乗り越えられる試練しかお与えにならない】

今日は、斎藤一人さんのお教え【神さまはあなたが乗り越えられる試練しかお与えにならない】をシェアさせていただきます
-------------------------------------------------
すでにお気付きの方もいらっしゃることでしょう。

私は、神様が大好きです。

といっても特定の宗教団体には属しておりません。

私たち日本人の先人たちは、空や海、山など、

この世に存在するものを、すべてに神を見立て大切にしていました。

それと同じなのです、私が「神様が好き」というのは。

そして私は神様を信じています。


何があっても、神様は私たちを愛している。

未熟だからこそ愛してくれているのが神様なんだと確信を持っています。

誤解しないでくださいね。


私は、皆さんに「私みたく神様を信じろ」と、言っているのではありません。

ひとりさんという人は、そういう人間ですよと表明しているだけなんです。


なぜ、自分は神様に愛されているという、私の想いが揺らがないのかというと、

理由の1つは、「自分に起きて来る問題は、自分を進歩向上させようとして、天の神様が与えてくださったものなんだ。」

「自分をバージョンアップさせてくれる階段なんだ。」ということを教わったおかげだと思っています。

自分をバージョンアップさせてくれる階段とはどういうことかと言うと、

例えば、次のようなことです。


昔々あるところに一組のご夫婦がいました。

奥さんがものすごく口やかましい、俗に言う悪妻なんです。

そんな女性を妻にした男性は、こんな言葉を残しました。


悪妻を持てば哲学者になれる。


この言葉を言ったのは、哲学者ソクラテスです。

哲学者になれると言った通り、ソクラテス人間性は悪妻のおかげで磨かれて、バージョンアップしたのです。


神様は私たち人間を進歩向上させよう、もっと豊かに幸せになって欲しいと願って、試練を与えてくださる。

それもただ辛い思いをさせるだけではないのです。

あなたに、耐えられないような試練は、神様はあなたにお与えにならない。

自分に乗り越えられるような試練しか、自分には与えられません。

しかも、試練とのセットで、開運の扉も必ず用意されているのです。


開運の扉とは何ですかって?

それはあなたの心に安らぎをもたらしたり、明るく楽しい気持ちに切り替えてくれる何かです。