今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

斎藤一人さんのお教え【結局、やられてもやり返さない人が一番強い】

今日は、斎藤一人さんのお教え【結局、やられてもやり返さない人が一番強い】をシェアさせていただきます
-------------------------------------------------
自分は本当は白なのに、誰かに「おまえ、赤だろ」と、言われなきことを言われた時、皆さんはどうしますか?

「自分は赤なんかじゃない!」

と、反論を試みるという方が大半ではないでしょうか。

ちなみに一人さんの場合、どうするかというと「おまえ、赤だろ」と言われたら、にっこり微笑みながら、こう切り返します。

「いや、赤じゃなくて、真っ赤ですよ(笑)」

最後はやられてもやり返さない人が勝つ。

「売りことばに買い言葉」です。

言われなきこと、不当なことを言われた時、その「言われなきこと」「不当なこと」というのは、反論したくなるようなことと決まってる。

だからつい買ってしまうのです。

売り言葉でもなんでもそうなんですけど、人が嫌なもの、悪いものをあなたに与えようとした時、大概怒ったり動揺したりしますよね。

そうなると、人はついやり返しちゃうんです。

でもやり返すと負けなんです。

言われなきこと、非難中傷に目くじらを立てて相手に言い返すのは、相手と同じ土俵に自分乗っかったということ。

だから、こちらの負け。

相手があなたに悪いものを与えようとしても、あなたがスルーしてしまえばいいのです。

そうすれば「よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず。」お釈迦さまの境地です。


簡単にいうと相手がいくら言っても、自分がやらなきゃ勝ち、と決まってるんです。

この世の中は、そういうルールなのです。

ですから、例えば自分の親にこんなことを言われたとします。

「おまえは、本当にワガママだな」

自分では、親の期待に応えようとして、真面目に一生懸命勉強したり、生きているつもりでいるのに、ワガママだと言われたとします。

その時は、反論しないのです。

例えば「ホントにそうだね。うちの一族で一番ワガママだね」とか、ワンクッション置いて、「お父さんのお陰で東京の大学に通えてるんだよね。ありがとう。感謝してます」とか相手が喜ぶ言葉を贈ってみる。

ちなみに、東京、新小岩にある“ひとりさんファンの集まるお店”(通称ひとりさんファンクラブ)に通っている、たくちゃんという男の子がこの方法をやってみたんです。

修行相手であるお父さんに「そうだね、ワガママだね」と言ったんですって。

その後、お父さんは、彼にうるさいことを言わなくなったそうですよ。