今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

斎藤一人さんのお教え【悪口や変なウワサ話への対処法】

今日は、斎藤一人さんのお教え【悪口や変なウワサ話への対処法】をシェアさせていただきます
-------------------------------------------------
誰かに悪口を言われた時、相手が私の悪口を言っていること自体が、私の勝ちだって私は思っているんです。

私は相手の悪口を一回も言わないから、私の勝ちだって。

最初のうちは、相手の言っていることを信じる人がいるかもしれません。

万に一つそうだったとしても、他人の悪口を言っている人は、段々周囲からの信用がなくなってくる。

だから、相手が悪口を言いだしたら私の勝ちなんです。

悪口は、言った方が負け。長く言えば、大負けです。

ですから「あの人があなたの悪口を言っているよ」と言われた時は、たった一言、こう言うのです。

「他人が何を言うかは、どうしようもないんです。この世の中でできるのは、自分が言わないことだけなんです。」

ウワサ話もそうですよ。

自分にとって都合の悪いウワサ話をさせないことは、自分にはできないのです。

だから、「私も完璧じゃないから、相手の気に要らないところがあるんだよ、きっと。それと、私は他人の悪いウワサ話をしないことはできるけど、自分のウワサ話を人に言わせないことはできないんだよ。だけど、そのうち本当のことがわかるし、ウワサもおさまるよ」とそれだけ、答えるんです。

そしてウチに帰って言うんです。

「この程度の報いでよかった。ついてる♪ついてる♪」って。

「この程度の報いでよかった」を4回言って、その後に「ついてる」を9回言います。

そうすると、変なウワサ話がおさまってくるんです。

やがて周りの人も「あの人、言い過ぎだよね」って見方をしてくれるようになるんです。