今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

【だから格好ぐらいつけろよ】斎藤一人さんのお教え

斎藤一人さんのお教え【だから格好ぐらいつけろよ】をシェアさせていただきます
-------------------------------------------------
世間の人はたいてい格好つけるなとか言うんだけど、私は昔から「格好ぐらいつけろよ」って言っているんです。

なぜなら、人の中身って、外からは、見えないんです。

あなたがどんなに素晴らしい才能をもっていても、どんなに立派な考え方を持っていても、どんなにいい人と出会っても、外見を整えて格好良く見せることをしなかったら、誰もあなたの素晴らしさに気づいてくれないよ。

世間は冷たいとか、言っているんじゃないの。

他人の素晴らしさをわざわざ探し出してくれる人は珍しい、滅多にいないよっていうことなんです。

しかも、人は見た目どおりなんです。

例えば「私は何十年も、前に華道の世界に入って、今は師範をしています」と言う人がいるとするでしょ。

でも身なりも、立ち振る舞いも、どれを取っても、品がないとしたらどう思いますかってことなんです。

この人は、何十年もお花をやっていて、師範にまでなったのに、相も変わらず品が良くならない、そんな性質を持っているんです。

その性質が見た目にでている。

「私は華道のナントカ流の師範です」と言うと同時に、その残念さがわかるんです。

いつ洗濯したんだか、よくわからないようなシャツを着て、スラックスの線も消えちゃってるっていう人を想像してごらん。

「あの人は身なりをかまわないけど家は億万長者なのよ」っておかしいと思わなきゃだめですよ。

だって「人は見かけによらない」と言うと考えが間違っているんですから。

その汚い格好で周りに不快感を与えているのに、平気でいられる。

 

そういう性質が外見に表れているんです。

シャツの襟が汚れていたり、ズボンの裾が擦り切れていたり、そういう身なりをしている人が「実はお金持ちなんだよ」と言ったら、その時点で「この人はお金持ちなのに、だらしがないわ」って、あなたは思うでしょう?

と言うことは、見た目にだらしない性格が出ているのがわかっているんです。

あなたは、そういうだらしない人と「友達になりたい」とか「一緒に仕事をしたい」とか思うかい?
思わないよね。

だったら格好ぐらいつけなよって。

スーパーのバーゲンで買ったシャツだっていいの。

綺麗に洗濯されてて、清潔な感じがするようなシャツを着てくださいって言っているんです。

わかるかい?

外見を整えて、自分をより高く、魅力的に見せないといけないよ。

人は見た目で判断するんだから。

身なりが残念だったばかりに、他人になめられたままで、楽しく幸せに生きることはできないよっていうことです。