今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

【目標に達成するための階段を用意しよう】斎藤一人さんのお教え

斎藤一人さんの強運になるための二つ目の法則

【目標に達成するための階段を用意しよう】をシェアさせていただきます
-------------------------------------------------
あなたの好みの男性(女性)が二階で手を振っているとするだろ。

下から飛び上がっても届かない。

 

さて彼(彼女)の所に会いに行くためにはどうする?

そう、裏に回って階段を登ればすぐに二階まで会いに行けるんだよ。

もし、階段がなければ、自分でハシゴを用意すればいい。

不思議なことに成功できない人は、階段を探そうともしなければ、自分でハシゴを用意しようともしないんだよ。

だから二階まで届かないと思ったら、すぐに諦めてしまうんだ。

目的の場所にたどり着くまでの階段は、自分で用意しなきゃいけないんだ。

その階段というのは、つまり大きな目標にたどり着くまでの小さな目標なんだ。

例えばベンツに乗りたいという目標を立てるとするよね。

人生がうまくいかない人の特徴はね、ベンツのに乗ることを成功だと思うんだよ。

何がダメって、この成功に対する考え方がダメなの。

わかるかい?

ベンツに乗ることを最終目標に設定したら、そこに到達するまでに小さな目標となる階段を何段作れば到達できるかを考えなきゃいけないんだよ。

私はベンツに乗るんだと決意すると同時に、今自分が買えるのは中古の軽自動車だとするよね。

中古の軽自動車でも買うのが無理なら、中古の自転車にすればいいんだよ。

階段は無理せず自分の上がれる高さにするの。

そして、まずは一段上がる努力をすればいい。

一気に二段も三段も上がろうとするから転ぶの。

一段上がる努力をしていれば、その次、その次って意外と楽に上がれるんだよ。

中古の軽自動車を買えたら、次の目標として、中古のカローラに乗ろう。と思うようになる。

その次は中古のクラウン、さらに次は中古のベンツなら200万円で買えるよな。

というように実現できる目標を設定しながら、ドンドン成功への階段を上がって行けるんだよ。

小さな目標を実現して、成功を積み重ねながら、大きな目標を実現できる。

一気に大きな目標を実現するよりも、それまでにたくさんの成功の体験があるから、何倍も幸せに感じるよね。

一個の成功の中に、実は階段を上がった分だけの喜びがある。

そうすると、「私って願ったことが全部叶うんです。」という体質になるんだよ。

成功とは、成功に向かって歩いている人の旅路をいうんだよ。

青森に行くとしたら、青森に到着することが目的ではなくて、途中で冷麺を食べたり、綺麗な景色を眺めたりするその旅路が楽しいんだ。

成功者は成功を続けて成功者になるんです。

それなのに、なぜか失敗や苦労を続けて成功に至ると思っているから、なかなか成功できないんです。

目標に達成するための、幸せへの階段を自分で作って、一つひとつ楽しみながら成功の階段を上がっていきましょう。