今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

天国言葉しか絶対に言わないと覚悟を決める!

斎藤一人さんのお教え
【天国言葉しか絶対に言わないと覚悟を決める!】
シェアさせていただきます
-------------------------------------------------
ある時、こんな女性が一人さんのところにやってきました。

「歩けないくらい腰が痛くて、病院に行って検査を受けたんです。
でも先生からは、どこも悪くないからもう病院には来なくていいって言われて。
だけど、腰が痛くて仕方がないんです。」

こんな風に自分の痛みについてずーっと話し続けている女性に、一人さんは優しく微笑みながらこう聞きました。

「家でも、いつもそんな風に腰が痛い、痛いっていっているのかい?」と一人さんが尋ねると「えっ?」とその女性は、一人さんの意外な質問にちょっとびっくりした顔になりました。

「あなたは旦那さんや子どもにも同じように、自分がどんなに腰が痛いかを延々と話しているんだよね?」

その女性は静かに「はい」とうなずきました。

「だから、ずっと痛いんだよ。病院の先生が検査してくれて、何も問題ないっていってくれたんだよね。
旦那さんや子どもたちも、あなたのことをとっても心配してくれていると思うよ。

それなのにあなたは、腰が痛いって、ずーっと体の文句を言っているんだよね。

文句って<地獄言葉>なんだよ。
地獄言葉を言っている人だけでなくて、聞いている人もイヤーな気分にするんだ。

しかもそんな風に毒ばっかり吐いているのを、一番近くで聞かされているのは自分の体だよ。」と一人さんがいうと、その女性はハッとした表情になりました。

「腰は歩けるまで良くなっているんだから、昨日よりは、痛みが楽になったよとか、周りの人が安心するようなことを言ったらいいんだよね。

それなのに、ずーっと痛い、痛いって毒ばかり吐いていたら、痛くなるに決まってるよな。
わかるかい?
だからもう体や家族に毒を吐いたらダメだよ。」

「ほんとですね!わかりました」と女性は一人さんの言葉を理解しました。

それからしばらく雑談をしていると、ハッと明るい表情になって、女性は不思議そうにこうつぶやきました。

「あの〜、来た時よりも腰の痛みが今、半分くらいになっているんです!」

「だろう?」と一人さんもとびきりの笑顔になりました。

そして帰る時には、すっかり痛みも消えて、その女性は元気に歩いて帰りました。

ところがです。

数週間後にその女性はまた一人さんのところにやって来て、腰が痛いと地獄言葉を吐きながら訴えます。

「また家でも毒を吐いているんじゃないのかい?」と一人さんが尋ねると、

「ついつい子どもにもグチをこぼしちゃうんです」と女性はいいます。

「だから腰の痛みがいつまでたっても治らないんだよ。
家族だから言いやすくって、ついついあそこが痛い、ここが痛いっていっちゃうんだろう?
でもそれじゃあ、旦那さんや子どもたちは心配するよ。
あなたは、実は腰が痛いことを心の底から困っていないんだよ。
家族に自分の痛みをわかってほしいとか、心配してほしいという気持ちがあるんじゃないかな?
あなたが毒を吐かなくならない限り、腰の痛みも治らないんだよ」と一人さんは伝えました。

「でも、グチや泣き言を我慢していたら、ストレスがたまりそうで」

「あのね、グチや泣き言を言うぐらいなら、ストレスをため込んで死んだほうがマシなんだよ。
だって、人に心配かけることは、自分だけじゃなくて周りの人たちまで不幸にしているんだから。
グチや泣き言を我慢してストレスで死んじゃったとしても、あの人はグチも泣き言も言わない、いい人だったねって言われた方がよっぽどいいとオレは思っているんだよ。」

(もちろん、一人さんは本当にストレスを溜めて死んだらいいと思っている訳ではありません。)

それぐらいグチや泣き言を人に言わないという覚悟があると、絶対に言わなくなるからその人の人生も変わるんだということをわかりやすく伝えたかったのです。

自分の口ぐせを直すのは大変なことです。

みなさんも覚悟を持って地獄言葉を天国言葉に変えていきましょうね。