今日という一日が より善い一日になりますように。

私の心に響いたお教えをシェアしていきたいと思います。

観音堂

斎藤一人さんのお教【 観音堂】をシェアさせていただきます
-------------------------------------------------
人間ってね輪廻を何回も繰り返すと、もう生まれ変わらなくてもいいところまで行くんだよ。
わかるかい?
生まれ変わらなくてもいいところまで行ったのに、なおかつ人間界に戻ってくる人がいるんだ。
そういう人は人を導くために戻ってくる。
それを観音堂というんだ。

その人たちは綺麗にしていないといけないんだよ。

人ってね、どんなに立派なことを言ってても聞こうとしないの。
それよりも指輪をしたり、ネックレスをしたり、きらびやかな洋服で着飾って綺麗に輝いている人見て、人は憧れをもつんだよ。

憧れると、初めてその人の話を聞こうとするんだ。

だから観音様ってきらびやかで美しくしてるんだよ。

特に女性は、センスのいい人を見ると、仲良くなってオシャレを教わりたいって思うの。

それがね、一番位の高い大日如来は、布の袈裟(けさ)を巻いているだけで、オシャレっ気がないの。

それだと凄すぎて、みんなが近寄りがたい。

 

第一憧れないんだよ。

 

 

でも、綺麗な人にみんなが憧れる。
憧れて集まってくる。


その時に人に対して、

「笑顔にしているといいよ」
「天国言葉を話すともっと運がよくなるよ」
とか、心の話をするの。

そうやって導き出したらもう普通じゃない。
観音菩薩の位なの。

だからあなたもきれいに着飾ってお化粧して、人から憧れられなきゃいけないんだよ。

ミツバチを寄せ付けたかったら、綺麗な花を咲かせるしかないんだ。

それなのに、花も咲かせないでお説教ばかり言っているのはおかしいんだよ。

近所の口うるさい親父だって、いいことは言うんだよ。

だけど憧れないから、誰も話を聞こうとしない。

人は綺麗なものに憧れるようにできてるんだよ。

なぜかっていうと、神様が綺麗なものを求めるんだよ。
だから、自然界にあるものは本当に綺麗だろう。
花だって木だって山だって、夕焼けの空の色もすべてが神様が作り出した最高の傑作なんだよ。

観音菩薩は、頭上に阿弥陀様を乗せている。
これはね、「眼前において阿弥陀の教えを忘れず」という意味があるんだ。

どんなに外見をきらびやかにしていても、阿弥陀さまの教えの心を忘れずにもっていますよ。
そのことを分かった上で綺麗にオシャレをして、みんなを幸せに導きますということなんだ。

俺がいくらいい教えをしているからって、身なりなんかどうでもいいって言っちゃダメなの。
それじゃあ、人を救うことはできないんだ。

心が良ければ外見なんかどうでもいいって言ってたら、人は誰もついてこないんだから。

「すごく幸せ」って口では言っている人が、ものすごく汚い格好をしていると、本当にこの人強運で幸せなの?って疑いたくなるよな。

精神的なことを勉強している人に構わない人が多いんです。
いい人なのに本当にもったいないと思います。

でもね、オシャレは絶対にしたほうがいいんです。
メイクや装いには、本当は自分の心が表れているんです。
なぜなら、洋服は人に選んでもらっているのではなく、自分で選んでいるんですから。

ウキウキするなと思ったら明るい色の洋服を着ればいいんです。
黒ばっかり着ている必要はないんです。

だって戦国時代の忍びじゃないんだから。

明るい服を着ると、最初はちょっと派手すぎるかなと思うだろ?
でもね、それは自分のためにオシャレをしているからそう思うんだよ。

オシャレは自分のためではなく人のためにするんだよ。

人が見た時に、心が明るくなるような服を着るの。
それから光りものをつけるの。
キラキラしたアクセサリー。

高いものでなくても1,000円や2,000円で売っている安いものでも充分だから、出来るだけ大きなものをつけるといいよ。

そうするとどんどん幸せになるよ。
見た目が変わるとみんな憧れる。

周りから粗末に扱われるよりも、憧れられる人になるというのはすごく幸せなことです。